EDからの復活!各種サプリメント、治療法検証サイト  

ED外来に行ってみた!

 

意を決して医師にかかった時の体験談です。
参考にしていただければと思います。

 

私は以前、「EDとか、バイアグラなんて言葉は爺さんのための言葉で、自分には関係無い」
などと思っていましたが、どうにも「中折れ」状態が続くようになっていたため、
ほんとに一大決心して行くことにしたのです。

 

 

私は勤務先のオフィス近くの泌尿器科に行ってみました。
泌尿器科はEDも診てくれます

 

受付で・・

 

MASA      「あの、・・初診なんですけど」(と言って、健康保険証を出す)

 

受付のお姉さん  「はい、ではご住所お名前などと症状をこちらのシートに書いてお出しください」

 

私は、シートの症状欄に「EDの疑い」とだけ書いて提出しました。

 

MASA      「お願いします

 

お姉さん      「はい、それでは椅子にかけてお待ちください」

 

(多分、来院する患者の一定数はEDの相談と思われるので、受付のお姉さんも
あくまで機械的にさばいていました)

 

診察室で・・

 

医師(シートを見ながら) 「どうですか?まったく出来ませんか?

 

MASA     「いえ、いつも可能になるんですが、途中で萎えてしまいます。歳のせいでしょうか?

 

医師       「ああ、そういう人は多いですよ。歳というよりもストレスが原因のことが多いです。
          仕事や家族のことなどで悩みとかありますか?」

 

MASA     「特に強い悩みはありませんが、小さい悩みだったらたくさんあります。
          (自分は何言ってるんだろ・笑)」

 

医師       「とりあえず勃起するんなら大丈夫ですよ。EDといっても軽いです。
          しばらくED治療薬を使ってみると、だんだん治療薬を使わなくても
          出来るように回復します。」

 

MASA     「では是非処方してください

 

医師       「じゃあ、即効性が高くて副作用が少ないレビトラを出します。
          とりあえず2錠出しますから使って様子を見てください。最初は4分の1でも
          効くと思います。効きが弱かったら半分にしてください。」

 

医師は、看護師さんを呼んで薬を用意するように指示していました。

 

恐れていた触診などは無く(笑)、問診だけで終わりました。

 

会計は、初診料・診察料とレビトラ(10mg)2錠で5000円弱でした。
レビトラは1錠1800円とのことでした。(健康保険適用なし)

 

なお、先生は同時に体質改善の薬も処方してくれました。
ビタミンB剤」と漢方薬の「八味滋黄丸」という薬です。
これらは、高脂血症の処方と同じだそうで、私は元々高脂血症だったから保険が適用になりました。

 

 

かかる費用としては、仮に保険証を持っていかなかったとしても
初診料や診察料は10割負担でも大した金額にはならないので、
家族に保険を利用して疑われる恐れがある人は無保険でも怖くないレベルです。

 

そもそもED治療薬自体は保険適用外です。

 

ED治療薬(レビトラ)試してみた! 

 

 

 

私も後で知ったのですが、EDやPE(早漏)で悩む男性専門のクリニックがあります。
↓こちらは私が行った「町医者」よりもはるかにシステム化されていますし、
スタッフは全員男性です。
東京・池袋にあるので、東京近郊在住者で近所の医者にはどうも行きづらい人は
是非予約して行ってみてください。
池袋ユナイテッドクリニック

 

 

  トップページに戻る